広島修道大学陸上部OB・OG会 陸修会

新着情報

一般 : 第88回日本学生陸上競技対校選手権大会レポート!
投稿者: admin 投稿日時: 2019-9-22 11:27:30 (92 ヒット)

9月12日(木)〜15日(日)に岐阜・岐阜メモリアルセンタ―長良川陸上競技場において天皇賜盃第88回日本学生陸上競技対校選手権大会が行われました。本学からは女子三段跳に2年生の岡野和奏さんが出場しました。この大会への本学からの出場は2012年に男子800mに原田さんが出場して以来7年ぶりとなります。
 女子三段跳は14日(土)に予選が行われました。当日は暑く競技場内を風が舞うコンディションだったようです。そのためファールをする選手も多く、岡野さんも1回目、2回目とファールが続きました。迎えた3回目プレッシャーもかかる中でしたが踏切を合わせ11m46(+0.6m)という結果でした。
 この大会は予選で通過標準記録12m60を跳べば無条件で翌日の決勝ラウンドに進めます。またトラック競技でいう準決勝の様な仕組みで予選上位12名までが翌日の決勝ラウンドに進め、その内4回目以降の跳躍に進めるのは上位8名となります。今年の決勝ラウンド進出記録は12m24でした。
 大きな舞台において、そのレベルを肌で感じ、しっかりと結果を残せたことは大きな収穫となったことでしょう。競技後、岡野さんも来年は日本インカレ参加標準記録を突破しての出場、そして予選上位12名に入っての決勝ラウンド進出を目標に掲げていました。会場には応援に駆けつけた4年生の姿もあったようで、岡野さんも大きな励みになったことと思います。みなさんお疲れ様でした。
 来年の日本インカレは新潟での開催の様です。目標達成に向けてがんばっていきましょう。

大会の詳細はこちらからどうぞ!(大会公式HP)















Copyright © 2005 Rikushukai All rights reserved.