広島修道大学陸上部OB・OG会 陸修会

新着情報

一般 : 第71回広島県陸上競技選手権大会2日目レポート!
投稿者: admin 投稿日時: 2017-6-25 21:06:11 (155 ヒット)

第71回広島県陸上競技選手権大会2日目です。予報では雨の降る時間もあるということでしたが、無事雨は降らずに大会を終えることができています。しかし、ホームストレートでは常時2m以上の向い風が吹くコンディションで、短距離種目においては記録の狙いにくい1日でした。
 修大勢の成績ですが、男子4×100mRにおいて、大津くん(3年)、伊藤くん(2年)、小松くん(2年)、佐々木くん(2年)のオーダーで予選をトップタイムで通過、決勝でも41"85をマークし、見事、この種目31年ぶりの優勝を飾っています。41秒台も安定して出せるようになってきましたね。
女子三段跳では昨日、走幅跳で2位となった、森内さん(2年)が、この日も安定した跳躍を見せ、これまた、わずかに追い風参考ながら、11m01(+2.2m)を跳んで2位に入っています。良いときはやはりフォームが安定しブレがありませんね。結果、助走も安定することで踏み切りもバッチリ合っています。今度は公認記録での修大記録を期待しています。
 男子200mでは、伊藤くん(2年)が22"55(-2.2m)で4位、佐々木くん(2年)が22"56(-2.2m)で5位に入賞しています(伊藤くん 準決勝:22"33(−1.5m))、(佐々木くん 予選:22"25(-1.3m))。
 男子走高跳の神鳥くん(1年)、1m85を跳んで、6位入賞です。大会ごとに着実に記録を伸ばしていますね。
 今大会も春のシーズン前半の好調を持続した結果でしたね。短距離も強い向い風の中にしては好タイムです。今週金曜日からは、いよいよ西日本インカレが始まります。大会運営と競技が重複し、競技に集中しにくい状況もあるかと思いますが、全員で協力して大会を成功させましょう。































Copyright © 2005 Rikushukai All rights reserved.